Japan Rail Pass(外国人向けJR乗り放題きっぷ)6種類を紹介

NO IMAGE

花火観光にうってつけのJR乗り放題チケットをご紹介します。基本的には訪日観光客(在外邦人含む)向けです。

訪日外国人向け

全国編

「日本全国」「東京と関西を北陸経由で(成田空港〜東京〜金沢〜京都〜大阪・奈良・神戸〜関西国際空港)」の2種類あります。

JAPAN RAIL PASS(通称:JRパス)

日本中のJRが、新幹線含め乗り放題のきっぷです(但し、東海道・山陽新幹線「のぞみ」と山陽・九州新幹線「みずほ」は除く)。

有効期限:

連続する7日間、14日間、21日間

料金表(海外にて購入の場合):

種別 グリーン車用 普通車用
7日間 ¥38,880 ¥29,110
14日間 ¥62,950 ¥46,390
21日間 ¥81,870 ¥59,350

上記、おとな料金。こども料金は、おとな料金の半額(5円は切り捨て)。

料金表(国内にて購入の場合):

種別 グリーン車用 普通車用
7日間 ¥44,000 ¥33,000
14日間 ¥71,000 ¥52,000
21日間 ¥90,000 ¥65,000

上記、おとな料金。こども料金は、おとな料金の半額(5円は切り捨て)。

Hokuriku Arch Pass(北陸アーチパス)

引用元:http://hokuriku-arch-pass.com/en/

大人25,000円。東京〜北陸〜大阪間のJRが、新幹線含めて連続7日間乗り放題。

ただし、飛騨高山はエリア外(猪谷〜高山のきっぷを追加購入する必要あり、片道970円)。白川郷は、そもそも電車が通っていないので高速バスに乗る必要あり。

JAPAN RAIL PASSとの使い分けで言うと、白川郷に行く場合は「Hokuriku Arch Pass + 高速バス」がオススメ。白川郷へは行かず、飛騨高山のみ行く場合は、どちらでも大差なしと思います。

東日本編

JR東日本全体をカバーする乗り放題きっぷはありません。「東北エリア」「長野・新潟エリア」「関東+近隣エリア」の3種類に分かれています。

JR EAST PASS(東北エリア)

大人20,000円。発行日から14日間のうちの任意の5日(フレキシブル5日)が利用可能です。なお、発行日とは、海外発売の場合は引き換え日、国内発売の場合は発売日です。

JR EAST PASS(長野・新潟エリア)

大人18,000円。発行日から14日間のうちの任意の5日(フレキシブル5日)が利用可能です。なお、発行日とは、海外発売の場合は引き換え日、国内発売の場合は発売日です。

JR TOKYO Wide Pass(関東+近隣エリア)

関東および熱海・伊豆・河口湖・甲府・越後湯沢が対象エリアです。関東を拠点に日帰り旅行をするには便利かなと思いますが、個人的には使いどころが難しいきっぷだと思います。
大人10,000円。連続する3日間利用可能です。

東日本+北海道編

「北海道と東京見て、プラスαでどこか行こうかな」という人向け。既に西日本は何度か訪れたことがあるというリピーターさんには最適と思います!

JR East-South Hokkaido Rail Pass(東北エリア+南北海道エリア)

大人27,000円。発行日から14日間のうちの任意の6日(フレキシブル6日)が利用可能です。なお、発行日とは、海外発売の場合は引き換え日、国内発売の場合は発売日です。

www.jreasthokkaido.com
 
JR Rail Pass for East Japan and Hokkaido
http://www.jreasthokkaido.com/e/
A rail pass valid for unlimited rides during the designated period on trains in the East Japan and Hokkaido area!

番外編(日本人・在日外国人向け)

シニア向け

大人の休日倶楽部パス (東日本・北海道)

50歳以上の方に限りますが、大人の休日倶楽部パスがお得です(JR東日本エリアが、新幹線含め4日間乗り放題で15,000円!)。晩夏の花火シーズン(2017年8月31日~9月12日)に利用できます。

JR東日本やJR北海道のフリーエリアで広く、自由に乗り降りできる、おトクなきっぷ「大人の休日倶楽部パス」を2017年度も発売します。初夏、晩夏、冬の3回の設定に加え、2017年3月の北海道新幹線開業1周年を記念した特別設定も登場!旅したかったあの場所へ、好奇心の赴くままにお出掛けください。

新幹線・特急・急行・普通列車(快速含む)の普通車自由席およびBRTが乗り降り自由です。あらかじめ座席の指定を受ければ、普通車指定席が6回までご利用になれます。

blogカテゴリの最新記事